FC2ブログ
SUZUNE

手縫いが似合う布

泥大島と呼ばれる、泥染めの大島紬の片身頃分の端切れで作ったベストです。

111001c.gif

111001b.gif

泥染めならではの温もりが伝わるこの端布の、
しっとりした深みと光沢を持つ黒茶色の地色に、
白絣用の糸、赤の糸で織り込まれた大胆な柄に魅せられて、
手に入れました。

見るたびに、何を作ろうか、もう片身頃分あれば良いのにと残念に思っていたところ、
ちょうどピッタリなお話が舞い込みました。
展示会用のベストの依頼です。

残り布ができないくらいギリギリに裁断して、
無駄なく使うことができました。

縫い目ステッチが、どうしても似合わない布なので、
後ろ身頃、肩、脇の接ぎだけミシンを使い、
縫代の始末は手縫いで仕上げました。

やがて形になる様子を感じながら、
ひと針、ひと針、糸を引き縫い進めると、
布が糸を吸収していくような錯覚を覚えました。

今年も、もう10月。
渋みの色がしっくり馴染む、秋の始まりです。




スポンサーサイト



by あゆあゆみうみう  at 2011年10月01日13:00 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
プロフィール

あゆあゆみうみう

Author:あゆあゆみうみう
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ