FC2ブログ
SUZUNE

何かがある

110603b.gif

作家物の紬をお預かりして作りました。
作者は生前『 婦人画報 』などで取り上げられていた方で、
なかなか手に入らない垂涎の作品だったそうです。

呉服屋さんを営んでいたお母様の思い出の品と聞きました。

着物の解きで、下手をすると横に裂けるなどダメージは隠せない状態でしたが、
そっと手で触れていると何かパワーが伝わってきます。

糸の発色や織りは素朴で、柄はシンプルな縦縞です。
それでも古布にこれほどの逞しさや温かみを感じたのは、初めての経験でした。

着物姿で書類などを持ち歩く機会の多い方なので、
収納力があり着物にも合うような形を選びました。

110603c.gif

紬地の良いとこ取りをして、バッグで使ったときに傷つきやすい部分には柿渋染を合せています。

天然の山葡萄蔓の持ち手もピッタリと収まって、紬の印象が息づく仕上がりになったと、
とにかくホッとしました。







スポンサーサイト



by あゆあゆみうみう  at 2011年06月05日17:13 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
プロフィール

あゆあゆみうみう

Author:あゆあゆみうみう
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ