FC2ブログ
SUZUNE

グループ展手伝いと酒袋

満開の桜に見守られながら、
4月9日から14日まで、東横線大倉山駅近くで開催された
グループ展の手伝いをしました。

出店者7名の手作り品の展示販売です。
作品は陶器、革バッグ、革小物、古布リメイク作品など、
個性豊かな品々です。

私は洋裁教室先生のスペースを間借りして、
チュニックやベストの洋服、ポシェット、アクセサリーを並べました。

開催初日、何もない殺風景な会場にテーブルがレイアウトされて、
壁まで出展者の思い入れタップリの品々で埋まる頃、
開店前にも関わらず、店内に入って来る方々がいらっしゃいます。

通りすがりに目に留めて、店内に入ってもらえることをありがたいと思いつつ、
「12時オープンです」と伝えて、掃除機を掛け終えるまでの間の緊張感が、
不安でもあり楽しくもあります。

今回、生業が酒屋さんの奥様が、作品に加えて酒袋を販売していました。
それを気に入った方から、バッグのオーダーをいただいて作った物が、
次の写真です。

124017b.gif

120417c.gif

酒屋さんに教えていただいたのですが、
まっ白な酒袋が薄いベージュ色に染まるのに2~3年。
このバッグの布のようなミルクティーから栗色に染まるには、
お酒絞りにひたすら使い続け、10年経ってようやくでる色なんだそうです。

硬くて縫い難いから大変よ聞かされて心配しましたが、
硬くて針が通らないと言うより、
むしろのらりくらりと針から逃げるような感覚があり、
酒袋も酔っ払っているんじゃないかと、
ミシンを踏みながら笑えました。

ささやかですが売上あり、オーダーありと、
充実の展示会でした。






スポンサーサイト
by あゆあゆみうみう  at 2012年04月18日16:46 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
カテゴリー
プロフィール

あゆあゆみうみう

Author:あゆあゆみうみう
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ