FC2ブログ
SUZUNE

小物入れ

作り始めて5年は経つでしょうか。

私の中のロングセラーです。


190601.gif


透けるナイロンメッシュ生地が涼やかだと思い、
夏に向けて作り始めました。

ところが透ける素材が涼やかで良いというよりも、
中身が分かって便利だからという理由から
重宝に使ってくださるお客様の後押しで、
通年で店頭に置かれる品物になりました。

基本の生地は黒と茶と決めていますが、
夏前になると白系でも作りたくなります。

今夏は白系と茶の市松柄メッシュ生地を
新しく用意しました。

市松柄のメッシュ生地で白系があれば、
2020オリンピックに向けて楽しめるのになどと
考えてしまいました。






スポンサーサイト
by あゆあゆみうみう  at 2019年06月02日19:04 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

木綿 ~浜松織~


木綿の布での製作が続いています。


190425.gif


浜松で織られた新しい反物からチュニックを作りました。

襟を付けようか否か、とても迷いましたが、
夏らしくサッパリとしたラウンドネックにしました。

ザブザブ洗える木綿は水をくぐる度に風合いが出て、
愛着が増す一着になってくれますね。



190426c.gif





by あゆあゆみうみう  at 2019年05月07日18:43 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

初夏の実感


突然に気温が上がった日の午後に、
今シーズン初の有松絞のチュニックをお求めいただきました。


190417b.gif


有松絞の手仕事の細やかな美しさと、
夏の不快さをものともしない清涼感は今年も人気です。


さっそく2枚目も作りました。


190425b.gif



有松絞のチュニックを作り始めると、
初夏の実感が湧いてきます。





by あゆあゆみうみう  at 2019年04月23日20:54 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

寄り添う服、大胆刺激の服


現在、北鎌倉蔵屋で「島村ゆり子 春のおしゃれ服展」が開催されています。
私が初めて洋裁を学んだ師の会です。

少しだけですが、私も参加させていただいています。


ひとつは新しい浜松織の反物から作ったチュニックです。


190417.gif



前身頃のピンタック、細い縁取りのような襟元と、
自分なりのデザインを加えましたが、
色柄が持つ優しさ、大人しさのためか、
主張が少なく、着る人に寄り添う服に仕上がった
ように感じています。



一方こちらはシンプルなチュニックですが、
インパクトのある絣が着る人に
大胆さと刺激を注入してくれそうです。


190417c.gif


作り方も浜松織はあれこれと悩み迷いながら進めたので、時間が掛かりました。

絣は発想から完成まで、100メートル走のように一直線で出来ました。


布の不思議と触れる面白さを、また教わりました。




by あゆあゆみうみう  at 2019年04月16日14:24 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

綿の単衣

五月一日から令和元年が始まります。

その直前、平成三十一年のうちに誕生日を迎えるため、
私自身はゆっくりゆっくり、令和に近づいていけたらと思う日々です。


190401.gif



綿地で単衣のチュニックを作り始めると、
今年もすぐに夏になるなぁと気持まで夏時間になってきます。

気持が夏時間になると体も反応するようで、
日の出に合わせて少し早起きになり、
窓を開放しての布の手入れが楽になり、
ミシンの糸目が見えやすくなります。

今日は花冷えですが、有松絞の浴衣地を選びながら、
夏の装いを計画する一日にします。







by あゆあゆみうみう  at 2019年04月02日14:47 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
カテゴリー
プロフィール

あゆあゆみうみう

Author:あゆあゆみうみう
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ