FC2ブログ
SUZUNE

布を繋ぐ2

11月25日から30日まで、大倉山のギャラリーかれんで、友人とのユニット展を催しました。

ユニット展も大分ペースが掴めるようになり、会を重ねる毎に
お客様に喜んでいただいている実感が強くなります。

感謝の気持ちでいっぱいです。


出品作は木綿地を多くしました。

着物を解いたアンティークの絵絣や書生絣、雪ん子など
これまで人気の布を使ったものもありましたが、
今回は現代の久留米絣を使ったものから、
お買い上げいただいた印象があります。



191201b.gif


191201C.gif


この2点は同じ布の組み合わせのトップスですが、
一点ものにこだわって、レイアウトとデザインを変えています。

この系統で赤やオレンジ、紫が効いたチュニックが数点あるのですが、
写真を撮り損ねてしまいました。

いつものことですが、自分の段取りの悪さにガッカリです。



次の写真の大柄の絣は時間が経っているのかどうかが定かではありませんが、
手に入れた時に反物だったので、どちらも新しい布で作った一着と言えます。


191125c.gif


191201.gif


どの品も似合う方の手に渡って、嬉しい限りです。













by あゆあゆみうみう  at 2019年12月04日01:34 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

布を繋ぐ

布を繋いで、ひと味違う組み合わせを作ることが好きです。



191001.gif



赤系、青系、茶系、系統なしと、自分流に布を合わせ、
ピタッとはまる感覚が来るまで迷い続けます。

頭を遊ばせる、正解のない貝合わせとでも言えるでしょうか。






by あゆあゆみうみう  at 2019年10月01日13:29 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

厚地の木綿

この夏も大きな葉っぱを茂らせて、窓に影を届けてくれた鈴懸が、
台風一過の朝、葉脈だけになっていることに、
つくづく尋常な風でなかったんだと思い知りました。

いかがお過ごしでしょうか。



厚地の木綿の着物から、気軽に羽織れる上着を作りました。



190923.gif



お母さまの思いでの着物だそうです。

布地に重さがあり、もともと単衣だったので、
裏地をつけず、カジュアルに使っていただけるように考えました。

和のカーディガンを久しぶりに作ったところ、改めて良さに気づいて、
11月のユニット展に向けて、何枚か作りたくなりました。








by あゆあゆみうみう  at 2019年09月22日14:15 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

夜長月


ゆっくりになった日の出と、早くなった日の入り。

残暑に隠れるように、秋がもうそこにいます。


190901.gif


190901b.gif


by あゆあゆみうみう  at 2019年08月31日15:31 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

夕涼み


立秋の今日も災害級の熱気に包まれて、
この酷暑をやり過ごせるまで、まだしばらく掛かりそうです。

お元気ですか。

せめて夕暮れには涼しく過ごしたいと、
有松絞の浴衣地でワンピースを作りました。

先日、一度は仕上げたチュニックですが、
パンツも合わせずに一枚でサラッと着られるようにと
思い立って、ワンピースに手直ししたものです。

反物の残りを裾に横に縫い合わせて丈を出し、
寝巻に間違えられないように
襟元に長めのリボンをつけました。



190808b.gif







by あゆあゆみうみう  at 2019年08月07日17:25 |  鈴音アトリエ便り |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
カテゴリー
プロフィール

あゆあゆみうみう

Author:あゆあゆみうみう
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ