SUZUNE

観察散歩

歩音0410a

4月にしては汗ばむくらいの昨日、満開の桜見物に出掛けた。

連れは住まいのサポートのクライアントである、80歳代後半の女性。

美しく咲き重なる花々が作る奥行きのある景色は、
引きこもりがちな心身を先へ先へと歩を進めてくれるので
付き添うのにも 励まして〈歩かせる〉 という苦労がない。

むしろ 〈歩かせ過ぎない〉 よう体調に配慮しながらの散歩になる。


   

現在クライアントの新築計画のサポートをしている。
建築家の図面や事務手続きが終わって現場が動き出すまでクライアントは休止状態。
サポーターである歩音は、建築計画にまつわる何かを持続して、
クライアントの新しい住まいへの関心が途切れないように努めている。

今回の散歩もそのひとつ。

日常でない場所での身体の動きの観察も、
新居での動線や、キッチン周りの可動域の設定のヒントになる。

例えばこんな場所でひと休みしながら、動きのチェック。

歩音0410

続きは次回☆


















スポンサーサイト
by あゆあゆみうみう  at 2009年04月10日09:13 |  歩音 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

高齢者サポートの建築記 -1-

新築計画を進めているご高齢の方の住まいのサポートをしている。

クライアントはご本人の終の住処としてはもちろん、
次世代が継承できる建物を残そうと、
ご親戚との共同住宅を計画した。

歩音の仕事はクライアントの専有フロアの希望を聞き取り、
建築家に伝えて計画に反映することと、
進捗状況を確認すること。

高齢の方の新築で一番重視したのは「スピード」。
無駄のない的確な作業で決めるべき事柄をサクサクと決め、
一日でも長く、新居での生活を楽しんでいただくこと・・・・。

ところが、驚くほど「スピード」が上がらない。
何故?

私がこの新築計画に参加して1年。
プロジェクト自体は3年が経過している。

ひとつに「土地の形状が厄介で地盤調査に手間取り、
日程が遅れている」
または「資材の高騰で、設計変更を余儀なくされている」
或いは「リーマンブラザーズショックの煽りで、
資金が目減りして、決断が躊躇われる」などなど。

けれど、理由を挙げて憂いてみても、建築は進まない。

地盤や形状が難しければ難しいなりの設計があるだろう。
資材の高騰には予算内のやりくりで対応するしかないだろう。
予算計画は、現在進行形の投資で行ってはいないだろう。
と、キーマンでないサブの私はついつい突っ込みたくなる。

「決めるべきこと」の事柄と優先順位が一致していない。
それが原因とサブは読む。

クライアントが時々口にする「同床異夢」の言葉にドキッとする。
世代も、生活スタイルも違う人々が思い描き、
求める住まいが異なるのは当たり前。
それを取りまとめて提供するのが建築家の仕事だよね、醍醐味だよね。
と、さらに突っ込みたくなるサブの私。

一歩引けば見える。
それを建築家に伝えようと、言葉にし、図表にし、図面にし。

歩音の仕事は、クライアントの希望を聞き取り、
建築家に伝えて計画に反映することと、
進捗状況を確認すること。

それだけの職責が、これほど難しいとは。







by あゆあゆみうみう  at 2009年03月21日11:59 |  歩音 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

歩音と鈴音と高齢者サポート

歩音の大事な仕事のひとつに、高齢者の住まいのサポートがあります。

住まいに関する相談事は、家庭内事故を防ぐようなリフォームが多いですが、
時折、新築に際して建築家の専門的な話を高齢のお客様に分かりやすく説明したり、
建築家に福祉住環境の視点から要望を具体的に伝える通訳のような
人と人とのコーディネートの依頼もあります。

そのような建物に関する依頼のほか、インテリアコーディネートもしています。

今日は、インテリアでも懐かしいアイテムを納品しました。

ぽおと1008

60年近く前、お客様がお嫁入りするときにお母様と誂えた姿見のカバーです。

そう言えば、私の実家にも手製のカバーが掛かった鏡台がありましたが、
現代の生活では置き家具が敬遠されて、
鏡も壁面に取り付けているご家庭が多いように見受けられます。

「調度品」と言う言葉も、耳にしなくなりましたね。

お客様と合わせる柄を選んだり、作り方を相談したりしながらの作業で、
「強羅環翠楼」に置かれていた姿見とカバーを思い出しながら、
見よう見まねで作ってみました。

モノを永く大切に使うためにも、自分好みのお部屋のアクセントにするためにも、
手製のカバーを喜んでいただけて良かったです。

歩音の仕事に鈴音がコラボレーション☆



by あゆあゆみうみう  at 2008年10月08日20:53 |  歩音 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

オーダー家具

歩音デザインのオーダー家具をご紹介します。

I邸サイドボード①

ベッドサイド用に作りました。
向かって左は簡単に枕元に寄せられるように、キャスターが付いています。
最初は、側面にタオルが掛けられるようにタオルハンガーの取り付けを提案しましたが、
かえって邪魔になるかもと、写真のようなシンプルな形になりました。

お客さまは、高齢になって押入れの引き戸や扉の類が面倒に感じている様子なので、
扉は付けずにおきました。

右の棚の一段高い場所は何を載せると思いますか。
注!テレビではありません。

I邸サイドボード③

そうです。 正解はお仏壇です。

一段高い部分は、取り付けネジを緩めると左右に動かせ,
要らなければ取外せる作りになっています。
横浜市旭区の家具製造グローブで作りました。

バーチ材ダイノックス仕上げです。

オーダーは家具の高さ、幅、機能をお客さまに合わせて作れるので、
使いやすさ抜群です。
by あゆあゆみうみう  at 2008年09月12日07:33 |  歩音 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

自分サイズの家具

作りつけの設備が使いやすくなると、家具にも「自分サイズ」が欲しくなります。

家具となるとサイズの他にも「色」や「形」、「質感」などデザイン性にも
自分らしいこだわりを持ちましょう。

最近、お客さまに喜ばれた家具をご紹介します。

※ラボチェア/ヤマト科学
ラボチェア

I邸ラボチェア

「自分の口に入れるものは、自分で作りたい」と話す85歳の女性のキッチンに、
研究室や工場で使われている「ラボチェア」を取り入れました。

これはしっかりと座るのではなく、体を支えて動作の保持や次の作業への
立ち上がりを楽にしてくれるチェアです。

同様の効果のあるものを、駅ホームのベンチ代わりに見掛けた方も多いはず。

椅子に深く座り込むと立ち上がりが面倒、浅く座ると不安定との
お悩みを改善するべく探しました。

他にもキッチン用として開発された「椅子」もプレゼンしましたが、
お客さまは即決でラボチェアを試したいとリクエストされました。

用途に合っていることが一番のポイントですが、ドイツ製ならではの
機能美を感じさせるフォルムと発色の良さもお客さまのハートを掴んだようです。

実物を確認できるか「ヤマト科学」に問い合わせをしたところ、高齢者ということで
日本橋のショールームでなく近くの営業所で見られるように配慮をしてくれました。

普段は精密機器を使うクリーンルームや何台も納入される工場で使われている商品なので、
個人のしかも高齢女性の発注に会社側も驚かれて、
お互いに使用上の危険の無いように何度も調整をして、
購入が決まりました。

一長一短はあるようですが、お客さまのお料理タイムを支えるための
欠かせない家具になりました。
by あゆあゆみうみう  at 2008年09月12日05:44 |  歩音 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
カテゴリー
プロフィール

あゆあゆみうみう

Author:あゆあゆみうみう
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ